Diary

2022.2.18

左ひざの手術から3週間余りが経ちました。現状は、左足への負荷が1/3から1/2になりました。
24日から2/3に、症状をみながら歩行器を使うことになるようです。
 
ここの病院のスタッフの方々は皆んな仲が良く、笑い声が絶えないんです。
心から心配して下さり、声かけをしてくれますのでメンタル的にへこんだり、イライラする事もなく元気に過ごしています。
 
ただ、面会が出来ないので家内が持って来てくれる着替えや差し入れも、ナースステーションに預けて、看護師さんが受け渡しをしてくれる、家内とはしゃべる事もなくです。
 
まだ骨が完全にくっ付いていないので、ここで無理をして何かあったら退院が延びるだけ、まだしばらく我慢ですね。
 
【根性、気合い、無理は承知の上で】
 
好きな言葉です。笑
が、今回は慎重にさせていただきます。
 
退院の日にちがまだわかりませんが、営業再開の日が決まり次第ホームページでお知らせしますのでご覧いただけますと幸いです。また店に電話をしていただきますと繋がりますので、お問い合わせいただきますようよろしくお願いします。
 
今日までの間も沢山のお客様が電話をして下さり、(家内が転送で話します)
 
「マスターに無理したらあかんって言うといてなぁ」
「ゆっくりしてこいやー」
 
本当にありがたいです。嬉しいです。
涙がでます。
よろしくお願いします。